伊坂 幸太郎 「AX」読了

伊坂 幸太郎 「AX」読了。

「グラスホッパー」、「マリアビートル」に続く、殺し屋シリーズ3作目。
シリーズと言っても、そんなに繋がってないけど。
前2作と違い、今回は短編集。
最初の3編が雑誌に掲載されたもので、残り2編が書下ろし。
「AX」が1番良かった。今回は殺しが中心ではなく、
恐妻家の殺し屋の日常を描いた話。
書下ろしは全体のストーリーをまとめるために書かれたんだろうけど、
無理に結末に繋げた感は否めない。
面白いけど、伊坂さんはやはり長編のほうがいいと思った次第。

"伊坂 幸太郎 「AX」読了" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント