澤田瞳子 「月人壮士」読了

螺旋プロジェクト2作目。 奈良時代を背景として、聖武天皇が亡くなったあとの、 とりまく人々の語りで物語は進む。 天皇家が山、藤原氏が海という明確な設定で、 聖武天皇が藤原氏の娘と結婚することで、 山が海に取込まれたことによる聖武天皇の苦悩が描かれる。 1作目の伊坂幸太郎の設定では、山と海は交わらないことになっていたので、本作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豚山 @元住吉

元住吉東口すぐのところに次郎系ラーメン屋ができた。 ここは一等地だけど、イタリア料理屋→ラーメン屋→沖縄料理屋→カレー屋と変遷してきたところ。 最後のカレー屋はほんの1週間ほどしかやってなくて、 それからしばらく放置されていた。  今回の店はオープン当初から常に行列。 たまたま午前休暇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレーメンストリートキッチン @元住吉

息子がバイトにいってしまったので、 晩御飯はカミさんと2人で外食。 まずはフレスコを目指したけど、本日は貸切。 商店街へ向かい、カミさんに何を食べたいか聞くと、 肉を食べたいとのこと。 鉄重、いきなり!ステーキと候補を挙げていくと、 魚でもいいとのこと。 それで、オリエンタル西口店へ向かうと定休日。 この辺りで、とウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤坂飯店 @勝どき

本日も時間がなかったので、晴海トリトンのフードコートへ。 またまたぐるりと巡って、結局中華を選択。 この店は赤坂の本店に行ったことがあって、 そこはちょっと高級な店。その時は汁なし担々麺を食べた。 汁なしはなかったけど、冷やし担々麺があったので、それを選択。 900円とは本店を模したのか、フードコートにしては高い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旬鮮酒場 八

本日は同僚と2人で勝どき駅交差点方面へ。 サンスクエアでまだ行っていない、2階のお店を訪問。 神奈川の松輪漁港直送というのが売りらしく、 ランチはアジフライとカレイの煮付け。 2人ともアジフライを選択。1000円なり。 ご飯は白米と五穀米を選べて、 同僚は五穀米、僕は白米。ちなみにお代わり自由。 アジフライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ばらく @勝どき

本日は出遅れたのと時間がなかったので 晴海トリトンのフードコートへ。 丸亀製麺はいつも行列なので、グルリと回って、そば屋を選択。 それほど暑い日ではなかったけど、とろろぶっかけそばを選択。 会計時に番号の入ったレシートをもらい、しばし待機。 同僚は中華を頼んだので、2人してお盆を抱え、席を探す。 12時30分過ぎだったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つけ麺 凌駕 @大岡山

本日は体のメンテナンスのためお休み。 内科に行って、図書館に行って、歯医者に行く前に腹ごしらえ。 通勤経路の大岡山へ、 この間行った凌駕の2号店ができたということで訪問。 券売機の横に麺量が書いてあるのは、とてもありがたい。 つけ麺小 麺量 200グラム 770円に味玉 100円。 見目麗しく到着。 麺は太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よかたい @勝どき

今日は雨だったので近場へ。 同僚と2人で向かったのは晴海トリトン3階にあるお店。 いつも行列している店だけど、 フライングして11時30分だったので、さすがにすぐ入れた。 メニューを見聞し、日替り海鮮丼を注文。900円なり。 刺身を乗せるだけだから、すぐに来るかと思ったら、 同僚のタコライスに遅れること約5分で到着。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友情 平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」読了

山中 伸弥 「友情」読了。 山中さんは言わずと知れたノーベル賞学者。 数年前に亡くなった平尾さんはラグビーのカリスマ。 2人はたった6年の付き合いだったけど、 山中さん曰く「40代半ばを過ぎてから男同士の友情を育むというのはめったにないこと」だそうだが、 家族ぐるみの濃厚な付き合いだったそう。 本書は山中さんのインタビュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳 @勝どき

久々に日曜日に休出。 あまり時間もないので、l晴海トリトンのフードコートへ。 吉野家や丸亀製麺など10店舗ほどがそろう中、 なぜかつけ麺の気分だったので、この店を選択。 券売機で辛つけ麺 850円なりを購入し、 お店の人にわたすと、プラスチックの番号札を渡され、しばし待つ。 10分ほどで声をかけられる。 ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こがね屋 @勝どき

本日はサンスクエアの向かいのビル。 ここにも小さな飲食店が結構ある。 勝どきの周りの大きなビルにはそんな店が多く、 ビルを建てる前にやっていた店が、 地権者としてそのままビルに入居することが多いと聞いたことがある。 入ったのは炭火焼の煙をモクモクと出しているお店。 前金制で、牛カルビ漬けダレ焼き定食を選択。 ご飯少なめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たつや @勝どき

勝どきにオフィスが移転してはや3か月。 一時期は月島方面を探索していたが、ちょっと行き詰まり加減。 最近は勝どきの交差点あたりに行くことが多くなった。 本日も同僚と3人で、交差点そばの勝どきサンスクェアのお店を訪問。 夜は鳥中心の居酒屋なので、ランチメニューも鳥がメイン。 そんな中、壁にピン留めしてあった、ピリ辛混ぜそばに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たんたん @勝どき

本日は周りに人がいなくて、結局1人で新店探索へ。 どうせならと少しフライングして出発。 晴海通りを築地方面へ歩き、清澄通りを渡って左折。 少し歩くと中華料理屋を発見。 混む時間の前なので、ガラガラだけど、 既にお客さんが座っているテーブルに相席で案内される。 こちらもお一人様なので、別に構いませんが。 メニューは街…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝鬨バル UZA

本日は12時30分過ぎまで打合せで、 お一人様になってしまったので、トボトボと新規開拓。 先日行った勝どきの交差点に面したビルの向かいのビル。 ここにもランチをいただける店が結構ある。 地下1階、1階、2階の店を一通り見て回って、 沖縄居酒屋っぽい店を選択。それは冷やし沖縄ソバというメニューを見つけたから。 そう、今日は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舎輪 @勝どき

勝どきにオフィスが移転した頃にできたお店。 開店当初から行列で、今もそれは変わらない。 なのでフライングして、11時過ぎに訪問。さすがにガラガラ。 券売機で海老つけ麺 小 730円を購入。 舎鈴は別の店に何回か行ったことはあるけど、海老つけ麺は初めて。 海老はどうなっているのかと思っていたら、別皿のオイルだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まえ田 @勝どき

本日は勝どきの交差点に面したビルの地下。 数軒あるお店はインド料理屋を除き、メニューは魚が中心。 その中の1軒に入る。 小さな店はカウンターと4人掛けテーブルが2つ。 3人だったのでテーブルに陣取る。 店内は小綺麗で、居酒屋と言うよりは小料理屋の雰囲気。 3種類のメニューから全員 炙り煮穴子海鮮だし茶漬けを選択。1000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

餃子酒場 @勝どき

本日のランチは晴海通り沿いの餃子居酒屋。 夜には来たことがあって、餃子も辛い料理も結構美味しかった。 隣のテーブルには5人組の中国人。ランチも期待できそう。 メニューは、定食と刀削麺が中心。 目をつけておいた麻辣刀削麺 870円を注文。他の人は定食。 来た瞬間に花椒が香り立つ。 スープを啜ると、辛さは控えめ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すする 担々麺@学芸大学

かみさんと息子はそれぞれ出かけてしまったので、久々に1人でランチ。 となれば、やはりラーメンを食べたい。 色々と迷ったあげく、学芸大学へ。 もう1店と、どちらにするか迷ったけど担々麺の店に。 券売機で汁なし担々麺 880円を購入。 辛さは0~5の6段階で、3を選択。 ご飯か杏仁豆腐がサービスとのことで、杏仁豆腐をお願い。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊坂幸太郎 「シーソーモンスター」読了

伊坂幸太郎 「シーソーモンスター」読了。 中央公論新社 小説BOCに連載された螺旋プロジェクトの、 「シーソーモンスター」と「スピンモンスター」の2編。 前者の時代設定は米ソの冷戦時代。嫁姑問題に悩むサラリーマンのピンチを、 最後は嫁姑が救う。コミカルで流れるようなストーリー展開はさすが。 後者は近未来。数奇な運命を抱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳寿 @勝どき

本日も勝どきの交差点方面へ向かう。 晴海通りに面した焼肉屋さんを訪問。 焼肉、ご飯類、麺類とメニューは豊富。 他の人たちは普通に焼肉定食を頼んでいたけど、 ぼくはユッケジャンを注文。ごはんは小盛を選べて、720円とお得。 見た目は普通通り。スプーンでさらうと確かにご飯が少ない。 肉の細切り、ニラ、溶き卵など、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more