アジア5カ国対抗ラグビー2014 日本対香港

アジア5カ国対抗ラグビー2014 日本対香港に行ってきました。
大学選手権決勝日本選手権決勝に続き、今年3度目、そして最後の国立。
今回は息子に振られたので、大学の友人と観戦。

日本、香港ともにこれまで3戦全勝で、勝ったほうが優勝、
そして来年のワールドカップ出場権を得ることができる。
実力からして、日本の勝利は揺るぎないところだけど、
最後の国立、ワールドカップ出場決定の瞬間に立ち会うことが目的。

指定席なので、友人とは席で待ち合わせ。
最寄の国立競技場駅にはこのポスター。

画像


試合前には様々なイベント。
まずは聖火点灯。

画像


そして国歌斉唱は平原綾香。

画像


盛り上がってきたところで、キックオフ。
先制は日本。50メートル近いPGを五郎丸がきっちり決める。
ただ、この日の五郎丸の調子は今一つで、決まったのは9本中4本のみ。

最初のトライは藤田。
連続攻撃から、立川の飛ばしパスをしっかりキャッチ。
この後、香港にDGを決められたが、
またも藤田。今度は50メートルほど独走し、
最後はハンドオフで相手をかわしてトライ。
これで少し調子が出てきて、キックオフ後、
マレ・サウ→山田とつないで、
山田がゴール前でタックルされそうになったところで
立川にパスし、そのままトライ。スピードに乗った素晴らしい攻撃。
終了間際にはフォワードが押し込み、アイブスがトライ。
27対3で前半終了。
フォワードはスクラムで圧倒しているけど、
ハンドリングミスが多い。後半は修正を期待。

後半先制したのは香港。
不可解なペナルティを連発し、日本はゴールラインにくぎ付け。
最後はバックスを1人余らせて、右隅にトライ。
日本は20分過ぎても点を取れなかったが、
交代した真壁がトライ。
ようやくエンジンがかかり、藤田がハットトリックとなるトライ。
交代出場の木津、
そして最後は珍しくウィングのポジションに入った内田がトライ。

結局49対8で日本が勝利。
見事にワールドカップ出場決定。

次はワールドカップの1次リーグで同じ組となるサモア戦。
ランキングは日本の13位に対し、8位。
厳しい試合になるが、これに勝てないと、
ベスト8という目標は達成できない。
金曜日だけど、応援に行こう!

P.S. (2014年6月2日追記)

5/30に友人とサモア戦、行ってきました

"アジア5カ国対抗ラグビー2014 日本対香港" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント