台風15号の帰宅難民

今日は台風15号が来るのはわかっていた。
朝から雨が降っていたけど、普通に出勤。

会社に着いてもいつも通り。
夜になったら大変かもねぐらい。

でもお昼過ぎから状況が変わった。
同じビルにいるお客様の会社では帰宅指示が出たとのこと。
あわてて会社に確認したけど、「自分で判断して安全に帰宅すること」との連絡。
(指示ではなく、あくまでも自己責任)。

他の会社も多分同じようだったと思われ、
徐々に電車が止まっていく状況の中で、途中駅で足止めされる人多数。
Twitterにも情報があふれて、帰宅難民がキーワードに。
最後の綱の東横線、目黒線も止まってアウト。
ただ、この時点では台風も去ってそのうち動くだろうと高をくくっていた。
難民がたくさん出たのは会社の指示が中途半端だったから。
指示が出なければ、みんな普通に仕事していただろうし、
もっと早く的確な指示、例えば今日は来なくていいという判断であれば
こんなことにはならなかったはず。

自分はどうしたかというと、品川のオフィスを19時過ぎに出て、
後輩と時間つぶしのために飲みに行った。
同じようなことを考える人もたくさんいたみたいで、店を見つけるのに苦労したけど、
幸い腰を落ち着けることができた。
21時30分ごろに電車が動き出したのを見計らって店を出たけど、
品川駅は入場制限で改札に入れない。

震災直後のことを思い出して、目黒行きのバスに乗る。
途中で目黒駅混雑の情報をTwitterで得たので、
白金台で降りて南北線(三田線)→目黒線に乗ることができた。

このパニックぶりは、震災明けの週に電力不足が懸念されるので
帰宅するようにとの指示が出たときと全く同じだと思う。
結果を考慮しない無用な、中途半端な指示が余計な混乱を招いた。
指示される側もそうだけど、少しは学習しないと。

元住吉駅の改札を出て行く人々は何事もなかったかのよう。
のど元過ぎれば何とやらで、また繰り返されるのかも。

"台風15号の帰宅難民" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント