ラグビートップリーグカップ決勝 サントリー vs トヨタ

カミさんは法事で実家へ、息子は部活に出かけてしまい、
一人ぼっちの土曜日。
ラグビーのタダ券があるのを思い出し、秩父宮にでかけることにした。

今年のトップリーグはワールドカップの前年ということもあって、
変則日程で、リーグ戦は8チームの総当たり+順位決定トーナメント。
行けなかったけど、日本選手権も兼ねた決勝は12月と試合数は少なかった。

その代わりというわけではないと思うけど、
カップ戦が行われて、4チームの総当たり+順位決定トーナメントで、その決勝が1月19日。

対戦カードはサントリー対トヨタ。
日本代表選手はサントリーに5人、トヨタに2人いるけど、今月はお休み。
でも、トヨタは外国人選手が先発6人、リザーブに2人と
代表選手を除くとベストメンバーに近い。
10番の樺島選手は福高出身で、初めて高校ジャパンに選ばれている。
日本代表 福岡 堅樹の2つ上。
対するサントリーは日本人のみ。
それでもキャップを持っている選手がチラホラ。
リザーブには畠山、小野と2015ワールドカップメンバが控える。

午後2時試合開始。

画像


序盤はトヨタが優勢。
10分までに2本トライを決めて12対0とリード。
トライはいずれも外国人選手。
しかし、そこからサントリーが反撃。
ペナルティゴールを挟んで2本トライを奪い、13対12と逆転。
その後、トヨタの10番樺島がパスダミーからゴールに飛込み、
ゴールも決まって19対12と再逆転して前半終了。

ところで、トヨタは会社の応援団がいたけど、
サントリーは来てなかった。どうして?

後半も序盤はトヨタのペース。
10分までに立て続けに3本トライを決めて38対13と大きくリード。
ここからサントリーは途中出場の尾崎が2本連続トライ。
特に2本目は田村とパス交換して70メートルぐらい走った、
見事なトライだった。これで38対27。
しかし、トヨタは30分過ぎにトライを決め43対27。
これで勝負ありかと思われたが、サントリーも意地を見せ、
こちらも途中出場の小野がトライ、ゴールも決めて43対34。
結局、このままノーサイドでトヨタがカップ戦優勝となった。

今シーズンのラグビー観戦は、サンウルブズの初戦に始まり、
港ラグビー祭、日本対オールブラックス、そして今日と4回にとどまった。
特にダン・カーター出場予定試合を見ることにしていたのに、
2回とも行けなかったのは本当に残念。

でも、来シーズンはいよいよワールドカップ。
チケットも買っているので、本当に楽しみ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック