宮部 みゆき「三鬼 三島屋変調百物語四之続」読了

宮部 みゆき「三鬼 三島屋変調百物語四之続」読了。

三島屋のおちかが世にも不思議な物語を拝聴する話の4作目。
今回は、「迷いの旅籠」、「食客ひだる神」、「三鬼」、「おくらさま」の4編。
少しほんわかとする話、とりつく島のない話、最後はよかったと思える話、などなど、
相変わらずの宮部節が炸裂。宮部さんの作品は現代ミステリーも面白いけど、
時代小説ミステリーのほうが面白いと感じる、今日この頃です。

この作品は日経新聞に連載をまとめたもの。
次作は他の新聞に連載され、単行本もすでに出版済みで、図書館で予約中。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック