広島お好み焼き ちんちくりん @新橋

本日は新橋、広島お好み焼きのお店。
広島お好み焼きは、地元にお店ができたときに何度か行ったけど、
食べるのは多分5年以上ぶり。
ランチのお好み焼きは麺が選べて、ワンドリンク付きで750円。
麺は唐辛子入りの辛めん、ドリンクはウーロン茶を注文。

広島焼は焼くのを見るのがとっても楽しい。
広い鉄板を使い、2人が共同作業で作っている。

1. まず、左の1人が生地を薄く、丸く延ばす
2. そこに大量のキャベツをのせ、その上に玉ねぎ、塩、コショウ、豚バラ肉をのせる
3. そして、生地を上にひっくり返し、水をかけて野菜を蒸らす
4. ここで、右の人が麺を炒め始め、ほどよく炒まったところで、左の人が育てた、生地+野菜をのせる
5. 玉子を割って丸く延ばし、生地+野菜+麺をのせる
6. 全体をもう1回ひっくり返して、ソース、ゴマ、青のりをかけて、できあがり

お客さんが次から次へと来るので、鉄板上では常に10枚ぐらいが一緒に焼かれている。
思ったほど待たずに到着。

画像


広島ではヘラ(コテ?)でそのまま食べるらしいけど、
ぼくには無理なので、6つに切って皿にのせ、箸で食べる。
主役はやはり、野菜。麺は唐辛子の香り、少しだけ辛い。
とても薄いけど、生地もおいしい。
カウンターにはおたふくソースとマヨネーズが置いてあり、適宜かけて食べる。
広島お好み焼きを食べるときにいつも思うのは、
生地、野菜、麺、卵をうまくまとめて食べることができないということ。
いつの間にか、皿には野菜だけが残ってしまう。
やはりヘラで食べないとだめなのか。

ともあれ、美味しゅうございました。

ちんちくりん 東京新橋2丁目店お好み焼き / 内幸町駅新橋駅虎ノ門駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック