ラグビー日本選手権 3位決定戦 トヨタ対ヤマハ

トップリーグ、日本選手権のフォーマットが今年も変わって、
トップリーグは8チームずつレッド、ホワイトの2カンファレンスに別れ、
13試合ずつを戦い、その後順位決定トーナメント。
各カンファレンスの1位と2位が優勝トーナメントを争い、
それがそのまま日本選手権となる。
したがって、大学チームは今年は日本選手権に出場できない。
先週の準決勝では、パナソニック、サントリーの1位チームが勝ち抜け、
3位決定戦はトヨタとヤマハ。

今日は秩父宮で2試合楽しめる。

画像


開始早々、ヤマハのマレ・サウが危険なタックルでイエローカード。
トヨタがペナルティを決めて先制。
決めたのはトヨタの10番樺島選手で、福高出身。
でも、トヨタの時間はここまで。
ヤマハが勢いに乗った攻めで、フォワードが圧倒。
3トライを奪い、21対3で折返し。

後半もヤマハが先制。
トヨタも最後に1本返したものの、28対10でヤマハが3位。
ヤマハの10番太田尾選手はこの試合で引退。
その花道を飾ろうと、ヤマハの選手達は気合が入っていた。
スクラムで押し勝ってペナルティを奪い、
腕を差し上げて雄叫びを上げる姿が何度も見られた。

ラグビー観戦記は決勝へと続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ラグビー日本選手権 決勝 サントリー対パナソニック

    Excerpt: 5年連続の決勝観戦。 サントリー対パナソニックは去年と同じ顔合わせで、 去年は15対10でサントリーが優勝。 今年のトップリーグ レギュラーシーズンの顔合わせでは、 21対10でパナソニックが.. Weblog: horikenな日常 racked: 2018-01-15 17:08