森見 登美彦 「【新釈】走れメロス 他四篇」読了

森見 登美彦 「【新釈】走れメロス 他四篇」読了。

中島 敦 「山月記」、芥川 龍之介 「藪の中」、太宰 治 「走れメロス」、
坂口 安吾 「桜の森の満開の下」、森 鴎外 「百物語」を
森見流に焼き直したもので、主人公は京都の大学生。
あとがきによると、「原典を形づくる主な要素が明らかに
分かるように書こうとした。」とのこと。
これを機に青空文庫で原作を読んでみたが、確かに雰囲気は伝わってくる。
「走れメロス」が1番パロディぽくて面白く、
「桜の森の満開の下」が物語としては1番面白かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック