スーパーラグビー サンウルブズ対ライオンズ

スーパーラグビーは世界最高峰の南半球のプロリーグ。
去年まではニュージーランド、オーストラリア、南アフリカの
それぞれ5チームだったのが、
今年は南アフリカ、アルゼンチン、そして日本から1チームずつ参加し、
合計18チームで争うことになった。
日本のチーム名はサンウルブズ。
その初戦に行ってきました。相手は南アフリカのライオンズ。

チケットは売り切れで当日券はなし。
秩父宮はほぼ満員。

入口でマフラータオルをもらった。

画像


歴史的試合がキックオフ。

画像


キックオフ直後に日本がノッコンで、いきなりスクラム。
かなりプレッシャーを受け、ペナルティを献上。
しかし、ラインアウト後の攻防から、ボールを奪い返す。
その後も、攻守が目まぐるしく入れ替わるが、
日本がゴール前でペナルティを得た。
ピシがペナルティゴール決め、日本が先制。

しかしライオンズはゴール前のラインアウトからモールで押し込み、
そのままトライ。さらに、11番がトライを決め3対12。
日本は前半終了間際にピシがペナルティゴールを返し、
6対12で折り返し。

スクラムは劣勢だが、アタック、ディフェンスとも通用している。

後半は早々にライオンズがトライ。
日本もゴール前でフェーズをつなぎ、
最後はキャプテン堀江が押さえて記念すべき初トライ。
日本のスクラムは後半修正され、それほど押されなくなった。
しかし、ライオンズはスクラム優位と見て、
ゴール前のペナルティで、ゴールを狙わずスクラムを選択。
今回は、日本が耐えきれず、再びペナルティ。
再度のスクラムは3番垣永が押し返し、逆にペナルティをゲット。
ピンチを脱した。
その後、日本も攻めたが、ピシがシンビンとなり、流れはライオンズへ。
トライを追加し、そのままノーサイド。
初戦は13対26での敗戦となった。

準備期間が短かったこともあり、
スクラム、ラインアウトはまだチームとして改善が必要だが、
ブレークダウンは負けておらず、アタックもまずまずで、
この先が楽しみな敗戦であった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 山家 @渋谷

    Excerpt: スーパーラグビー観戦後、軽く飲むかということで渋谷へ。 時間は3時過ぎ。やってる店があるかなと思ったけど、 この間行った鳥竹がやっているのはわかっている。 でも、そこに行く前に24時間営業の店を.. Weblog: horikenな日常 racked: 2016-02-28 17:55
  • スーパーラグビー サンウルブズ対ジャガーズ

    Excerpt: 今年からスーパーラグビーに参戦した日本のチーム サンウルブズ。 開幕戦を秩父宮で見たときには、結構やれるぞ、と思ったけど、 結局ここまで7連敗。スーパーラグビーはそれほど甘くない。 Weblog: horikenな日常 racked: 2016-04-24 12:12