海堂 尊 「スカラムーシュ・ムーン」読了

海堂 尊 「スカラムーシュ・ムーン」読了。
ナニワ・モンスター」に続く物語。

画像


海堂作品全制覇継続。
中央対地方、警察対医療という構図は前作と同じ。
警察庁の斑鳩、厚生労働省の彦根という、
それぞれのブレーンも同じ。
今回は、それに加え、斑鳩の部下 雨竜という化け物がからむ。
浪速府の村雨知事は
元大阪府知事、現大阪市長の橋下さんがモデルだろうし、
ストーリーも先が見える感じで、
これまでの海堂作品の中ではイマイチ。
ただ、彦根とシオンの行く末は気になる。

この記事へのコメント

やっくん
2016年03月27日 15:15
海堂サーガの終了は寂しいですね…

私も海堂さんの本は前作読んでいます。
彦根慎吾が大活躍でしたが…原田雨竜も憎めないキャラでした。
よかったら、コメ&TBお願いしますm(_ _)m

この記事へのトラックバック