木下大サーカスに行ってきました

木下大サーカスに行ってきました。
小学生のころに福岡で見て以来。
もっとも木下だったかキグレだったかはさだかではありませんが…
いや~、でも本当に素晴らしかった。堪能しました。

場所はみなとみらい線馬車道駅につながっている
横浜アイランドタワーの隣の空地に作られた特設テント。
週末は3回公演で、15時40分開演の会に突入。

画像


席はリングサイドBという丸いステージの横、前から3列目。
なかなかのポジション。
ステージ、そしてテントは思っていたより小さい。
全部で約1600席。まぁ、そんなもんか。

お客さんがまだ入場中にピエロが出てきて盛り上げ始める。
オープニングはロシア系の2人のアクロバット的な出し物、
それからシルクドソレイユでやってるようなつりロープショー。
アメリカ人だと思われる人がやるおきまりのイリュージョン。
箱の中に入っている人が消えたり、出てきたりするのは
テレビでは見たことがあるけど、目の前で見ると、やはりびっくり。
途中でシマウマとキリンも登場。
息も継がせぬ演目の中で、前半で一番驚いたのは空中大車輪。
両はじに二つの輪があって、その輪の中に人が入ってぐるぐる回す。
これは文章では書き表せないので写真でどうぞ

15分の休憩のあと、後半のトップはホワイトライオンショー。
ステージは完全に柵で覆われ、そこにライオンが8匹。
3回目の公演とあってか、ライオンはあまりやる気なし。
それでも目の前のライオンの体のボリューム感に驚く。
次はオートバイショー。
球状のかごの中を最大3台のオートバイが走りまわり迫力満点。
最後は空中ブランコ。ネットが張られたのでちょっと見にくかったけど、
やはりサーカスの花形という感じ。

2時間という時間を全く感じさせない素晴らしい演出。
昔見たときと違い、出演者も演目もインターナショナルになっている。
前売入場券2700円とリングサイドB指定券1500円だけど、
それだけ出す価値は十分あり。息子も大満足。
テントから出てきたら、薄暮の中、ランドマークタワーが向こうに。

画像


ショーの余韻を味わいながら帰路へ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック