2012高校ラグビー開幕

2012年度の全国高校ラグビー選手権が開幕。
高校ラグビーはインタハイがないので、この大会が最高峰。
今回の話題は何と言っても東福岡の4連覇が成るかどうか。
春の選抜大会でも優勝しており可能性は十分だが、
今年はライバル校との差が小さく感じる。

Aシードはその東福岡と秋田工業、常翔学園の3校。
Bシードは茗溪学園、深谷高校、流通経済大学付属柏、國學院久我山、
桐蔭学園、伏見工業、大阪朝鮮、報徳学園、御所実業、石見智翠館。
シード校は2回戦から登場。

12月27日と28日に一回戦が終了。
勝ち残りを見てみると。

・北海道・東北
2校が1回戦を突破。Aシードの秋田工業を含め3校が2回戦へ。

・関東
唯一の初出場であった太田高校は残念ながら敗退。
残りはシード校含め8校が2回戦へ。

・中部
シード校がいない地区。8校中6校が2回戦へ。

・近畿
8校中5校がシードの強豪地区。
和歌山工業が敗れたが残りは2回戦へ。

・中国・四国
中国は尾道、萩商工が勝ち残り。四国は残念ながら全滅。
石見智翠館がシード校。春の選抜大会の準優勝校。

・九州
古豪 大分舞鶴が昨年に続き敗退。鹿児島実業も敗退。
Aシードの東福岡を含め6校が2回戦へ。

2回戦は12月30日にいっせいに行われる。
毎年思うことだけど、高校ラグビーは日程がきつい。
3回戦が1月1日、準々決勝が1月3日、準決勝が1月5日、
そして決勝は1月7日。
大学や社会人は1週間に1試合なのに、
30分ハーフとはいえ1日おきの試合は酷だ。
そんな日程を含め、コンディションを保った高校が栄冠にかがやくんだろうな。

P.S.(2013年1月7日追記)
注目の東福岡は準々決勝で敗退。
決勝は常翔学園対御所実業の関西対決。
なかなかの好勝負で常翔学園が17対14で逆転勝ち。
大阪工大高だった平成7年度以来の5回目の優勝。
おめでとうございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック