宮部みゆき 「あやかし草子」読了

宮部みゆき 「あやかし草子」読了。

三島屋変調百物語の5作目。
開けずの間、だんまり姫、面の家、あやかし草紙、金目の猫の5編。
今回もおどろおどろしい話と、ほっこりする話が混在しているけど、
一番驚いたのは、まさかの大団円を迎えたこと。
本当に百編書くんだとばかり思っていたので、ちょっと残念。

"宮部みゆき 「あやかし草子」読了" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント