大原・御宿ゴルフコースに行ってきました(3回目)

大原・御宿ゴルフコースに行ってきました。
今年3回目、通算119回目のゴルフ。
料金は13,835円(昼食付、税込)。

このコースは、過去2回プライベートで来たことがある。
井上誠一さんが最後に設計したコース。
雄大なコースに110のバンカーが配置された丘陵コース。
今回は今の職場のコンペで20人が5組に分かれてインからスタート。僕は1組目。

まずは練習。ワンコイン30球で324円。
50ヤード、11打席。キチンと整備されていて、体をほぐすには十分。

画像


天気は昨日より気温が10度以上下がり1桁。
雨が降ったり、止んだりとあいにくのコンディション。
ともあれ、10番ホールからスタート。

画像


ドライバーはいい当たりだったけど、右に飛んだ。
でも、ここは広いから大丈夫。アプローチが今ひとつでダボスタート。
11番も同じような感じで連続ダボ。
12番はニアピンホール。160ヤードと距離があり、アゲンスト。
4番ユーティリティで打ったボールはまっすぐにピンに向かい、ワンオン。
10メートルぐらいあったけど、権利獲得。しかし、後で抜かれた。
このホールは前半唯一のパー。
その後、ボギーでしのいだいたが、16番は斜面に苦しみトリ、
17番はフェアウェイの両側に蝶のような形をしたバンカーが
これでもかと配置された名物ホール。
左の前から2番目のバンカーにしっかり入れて、連続トリ。
18番もアプローチに苦労したけど、ワンパットで切り抜けボギー。
前半は50ちょうど。

フェアウェイは広いけど、バンカーが気になる。
グリーンは高麗で、雨も含みかな~り遅い。

昼食は中ジョッキとカツカレー。

後半の1番もダボスタート。2番、3番は連続ボギー。
このへんから雨が強くなり、寒さも増して心が折れそうになる。
ここから集中力を欠き、4連続ダボ。
その後、雨足は弱まったけど、アイアンがうまく打てない。
8番ミドルは2打目を終えて、残り60ヤード。
この日始めてウェッジのアプローチがうまくいって2メートルにオン。
スライスラインを読みきって後半唯一のパー。
9番ショートはダボで後半もちょうど50と水平プレー。

今日はアプローチの距離があわず、中々グリーンにたどり着けないことが多かった。
ミドルホールで4オンではパーを取れるわけがない。
1打目をミスったあとの2打目をどう打つかが課題。

コースはきれいに整備され、天気が良ければ有料だけど
フェアウェイにカートを乗り入れられる。
それほどアップダウンはなく、雄大なホールが続く。
前進4打はないけど、ほとんどOBの心配はない。
高麗グリーンがとても遅かったのは、前述の通り。
ちょっと遠いけど、また来てみたいコース。

コンペのほうは、みんな苦労したようで、100を切ったのは3人。
なので、グロスは4位。
新ペリア、上限なしの結果は9位。
とっても楽しいコンペでした。

"大原・御宿ゴルフコースに行ってきました(3回目)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント