運転免許を取った時の話

運転免許を取ったのは会社に入って、30歳の時。

大学友人のほとんどは学生時代に合宿などに行って取ってたけど、
お金がかかるし、東京にいれば公共の交通機関で十分で、
どこかに出かけるにしても、友人に乗せてもらえばいいから、
運転免許は必要ないと思っていた。
実家にも車はなく、父が免許を持っていなかったのも影響していた。

その後、会社に入り、初めて海外出張に行った時、
4人だったのに、一番偉い人しか免許を持っておらず、
運転してもらったけど、ちょっと後ろめたく感じた。

次に海外出張に行った時は、別の偉い人と2人。
2人とも免許を持っていなかったので、タクシーに乗ったけど、
道を間違えられて、大変な思いをした。

そんなわけで、その後も海外出張に行くかはわからなかったけど、
今のうちに取っておくかと考えるようになった。

自動車学校は会社の最寄駅にあるものを選択。
ちょうど、フレックスが始まっていて、
10時までに講義、実習とも1コマは取れる。
あとは、土日に頑張ってこなす。
仮免までは実習は2時間オーバーだけで済み、
技能、学科試験とも一発で合格して、仮免許を取得。

その後の路上教習も順調に進み、学科も全て終えた。
迎えた卒業技能検定も一発で合格。4ヶ月ぐらいで終えた記憶がある。

運転免許センターでの学科試験も合格して、晴れて免許を取得。

その後、海外出張はあまりなかったけど、
社内での仕事が変わったあと、海外に転勤になったことを思うと、
この時に取って、本当に良かったと思う。

"運転免許を取った時の話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント