海堂 尊「玉村警部補の巡礼」読了

海堂 尊「玉村警部補の巡礼」読了。

「玉村警部補の災難」に入っている「エナメルの証言」からの流れの短編。
四国4県を阿波県、土佐県、伊予県、讃岐県と昔の国名にして、
玉村警部補と加納警視正が四国八十八か所を巡りながら、
各県で事件を解決する物語。各県では直接解決する事件とは別に、
人生ロンダリング(読まないと何のこっちゃだと思いますが)に関する死体が発見されていて、
最後の讃岐県でこの事件も解決される。
相変わらず、人の絡め方はうまいけど、それぞれの事件の深みが足りないように感じる。
書き下ろしの終章では高野山に行くけど、また次の事件が発生。
続きを書く気満々のようだ。

"海堂 尊「玉村警部補の巡礼」読了" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント