森見 登美彦「ペンギンハイウェイ」読了

森見 登美彦「ペンギンハイウェイ」読了。

画像


研究とオッパイが好きな小学校4年生の少年と、
人間でないオッパイの大きな歯医者のお姉さんが織りなす、
不思議で物悲しい物語。ラストシーンは圧巻。
それにしても、作家の想像力というのは、
とてつもないものだということを改めて認識した。
物語のキーワードである、「世界の果て」は、
「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」を想起させ、
「海辺のカフェ」は「海辺のカフカ」と1文字違いだ。
森見さんは村上春樹が好きなのだろうかと、勝手に想像した。

"森見 登美彦「ペンギンハイウェイ」読了" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント