万城目 学 「とっぴんぱらりの風太郎」読了

万城目 学 「とっぴんぱらりの風太郎」読了。
著者初の時代小説は700ページ超の大作。
久しぶりに読んでてドキドキした。

画像


時は江戸時代初期、徳川秀忠が将軍となり、
家康は豊臣家を滅ぼそうとしている。
平和へ向かおうとしている時期に職を失った忍者が主人公。
「風太郎」は「ぷうたろう」と読みます。
現代で無職を意味するプータローとかけてあるのか。

「そもそもが、こんなはずじゃなかった。」で始まる物語は、
最後に再び同じ言葉で始まる文で締めくくられる。
これまでの作品と違い、
瓢箪がしゃべるというファンタジー性はあるけど、
とってもまっとうな小説。万城目ワールドがまた広がった感じ。

"万城目 学 「とっぴんぱらりの風太郎」読了" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント