海堂尊 「ケルベロスの肖像」読了

海堂尊 「ケルベロスの肖像」読了。
バチスタシリーズの6作目。

画像


前作の「アリアドネの弾丸」に続き、AIセンターが舞台。
おなじみの田口、白鳥のコンビに高階院長、島津、姫宮、
4作目の「イノセント・ゲリラの祝祭」に出てくる彦根、桧山シオン、斑鳩、
バチスタの外伝である「極北クレイマー」の南雲、西園寺さやか、
同じく「「スリジエセンター1991」の置き土産、
同じく「螺鈿迷宮」の天馬、別宮葉子、そして桜宮家の怨念とテンコ盛りで、
海堂ファンにはたまらないエンタメ作品。

テンコ盛りもここまで来ると、以前読んだ作品を思い出すのが大変。

と、思っていたら田口、白鳥のこのシリーズは、これで終わりらしい。
そう言われると、エンディングが無理矢理収めた感があるような…

"海堂尊 「ケルベロスの肖像」読了" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント