七瀬ふたたび 読書の思い出その3

読書の思い出その2に続きその3。 高校に入っても文庫本愛は変わらない。読書好きの友人もでき、楽しい読書生活。 部活は軟式テニスをやっていたので、通学時間が主な読書タイム。 教科書に「こころ」の一部が載っていたこともあり、 夏目漱石の前期3部作の「三四郎」、「それから」、「門」、 後期3部作の「彼岸過ぎまで」、「行人」、…

続きを読むread more