宮部 みゆき 「黒武御神火御殿」読了

宮部 みゆき 「黒武御神火御殿」読了。

三島屋変調百物語の6作目。
聞き手が三島屋夫婦の姪である、おちかから次男の富次郎に変わった。
三島屋の人々、百物語を聞く部屋などは変わらない。
「泣きぼくろ」はあやかし系のチョット微妙な話。
「姑の墓」はオカルト系。
「同行二人」は最後にチョットホッコリする話。
そして表題作はスーパー時代小説ファンタジー?
語り手も聞き手もエネルギーを消費する重い物語。

これで物語はトータル28作。本当に100作書くのかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント