森見 登美彦「熱帯」読了

森見 登美彦「熱帯」読了。 佐山尚一が書いた、誰も読み終えたことがない、 「熱帯」という小説をめぐる不思議な物語。 第一章から第三章までが、取りつかれた人々が「熱帯」を追いかける話。 第四章と第五章が「熱帯」の中身そのもの。でも、そこはモリミー、一筋縄ではいかない。 「熱帯」は千一夜物語の異本であり、失われた一挿話らしく、…

続きを読むread more