宮部みゆき 「昨日がなければ明日はない」読了

宮部みゆき 「昨日がなければ明日はない」読了。
杉村三郎シリーズの5作目。
今回は「絶対零度」、「華燭」とタイトル作の3篇。

前作で私立探偵となった主人公は大家さんの家に事務所を構え、
地域にも少しずつ溶け込み始めている。
そんな繋がりから生まれた話が「華燭」。
これは私立探偵らしい話だけど、
残りの2作は殺人事件が絡み、ちょっと重い。
そして、刑事とも知り合いになり、今後も絡んできそう。
一気読みさせる筆力は健在。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント