ラグビーワールドカップ 日本 vs スコットランド

ラグビーワールドカップ4戦目は日本対スコットランド。
台風の影響で開催が危ぶまれたが、関係者のご尽力で無事開催。

日本はロシア、アイルランド、サモアに連勝し、勝点14。
スコットランドはアイルランドに敗れたものの、
サモア、ロシアからきっちりボーナスポイントも得て勝点10。
アイルランドは一足先に4戦目を終え、勝点16で決勝トーナメント進出を決めた。
日本は勝つか引き分ければ1位通過、
負けても4トライ以上、7点差以内ならボーナスポイントを加え勝点16で1位通過。
そんな計算はともかく、勝つしかない。

今日は大学友人と北新横浜駅で待ち合わせ、2時間前には会場に到着。

DSC_0410.JPG

夕暮れの会場は、UFOのようで美しい。

ハイネケンを飲みつつ、試合開始を待つ。

DSC_0413.JPG


選手が入場し、台風の被害者に黙とうを捧げた後、
両国国家斉唱し、キックオフ。

日本のキックオフは珍しく、ゴロだったが相手が確保した。
最初はスコットランドの時間。
ゴールに攻め込んだ後、ペナルティのアドバンテージが出て、
10番があっさりトライ。ゴールも決まり0対7。
ここからは怒涛の日本の攻め。
前半17分に左へ展開、ウィングの福岡にボールが渡る。
福岡がタッチライン沿いを駆け抜けてタックルされた後、
オフロードで松島にパス。松島はそのままゴールまで走り切り本大会5トライ目。
ゴールも決まり7対7と追いつく。
続いて前半25分。
短いパスでフォワードが前進して、ボールが堀江に渡る。
タックルされて、ムーアにオフロード。
タックルされて、トゥポウにオフロード。
タックルされて、稲垣にオフロード、そのままトライ。
絵にかいたような見事なトライ。ゴールも決まり、14対7。
そして、前半終了間際。田村のペナルティゴールは決まらず、
スコットランドの攻め。しかし日本はボールを取り返し、
1本目のトライと同じような展開。
左へ展開し、ラファエレのところでゴロパント、
福岡が駆け抜け、見事にキャッチし、そのままトライ。
前半は21対7で折返し。

後半の先制は日本。
後半2分、スコットランド攻撃中に
何が起きたかわからなかったけど、
福岡が50メートルほど独走しトライ。
スクリーンに映されたリプレイを見ると、
ジャッカルしたボールを福岡がそのまま掬い取っていた。
ゴールも決まり28対7。これでボーナスポイント獲得。
この後は、スコットランドは戦略を変え、広く展開、
キックパスも使うようになった。9分、14分にトライを返され28対21。
ここからがとっても長い25分間。
お互いにターンオーバー、ペナルティがあるものの、
決定的なチャンスはない。
残り2分で、スコットランドは日本ゴール前で怒涛の攻め。
しかし、ここで値千金のターンオーバー。
ボールを手に入れた田中はフォワードにボールを渡しクラッシュ。
それを繰返して時間を消費する。最後は観客のカウントダウンとともに、
ゲーム終了のドラの音がなり、田中からパスを受けた山中が外に蹴りだしてノーサイド。

歴史が変わる瞬間を目の当たりにした。
これで日本は堂々の4連勝で、Aグループ1位通過。
準々決勝の相手は南アフリカ。目標は達成したのであとはゲームを楽しんでほしい。

終了後、北新横浜駅そばの居酒屋で祝勝会。

DSC_0416.JPG


読売新聞の号外とともに友人と最高の時間を過ごしたのであった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント