吉田 篤弘 「天使も怪物も眠る夜」読了

吉田 篤弘 「天使も怪物も眠る夜」読了。

螺旋プロジェクト6冊目。残り2冊。
時は2085年。東京は眠れぬ街になっている。
蒼い目が海族、大きな耳が山族という設定は同じだけど、
2つの一族の争いは明確ではない。
撮影が中止になった「眠り姫の寝台」という映画の主人公の
蒼い目の姫を大きな耳を持った王子がキスで目覚めさせる。
二人には蒼い目と大きな耳を持った子供が生まれ、
一族の争いは終焉するという大団円。
東京を分断する壁や、イソベリイソベラという言葉など、
他の作品とも繋がりを持ち、一番螺旋を感じさせる作品。
時代的に最後を飾る作品として、良作。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント