宮部 みゆき 「この世の春」読了

宮部 みゆき 「この世の春」読了。

最初は中心人物の元藩主に亡霊が取りついたオカルト時代小説かと思ったら、
多重人格者だった。その3人は幼いままの本人と、
多重人格を形成するきっかけとなった女、そして怒りの塊の男。

物語は過去の闇を解き明かすことで、元藩主の病気が治り、
主人公の女性と結ばれるという大団円だけど、何だかモヤモヤ感が残る。

過去の闇が、たった2人の親娘によって作られたというのもそうだし、
結果的にその2人を元藩主が成敗することになってというのもできすぎ。

ただ、面白くないわけではなく上下2巻の長編の
ページをめくる指を止めさせないのは、さすが宮部みゆき。

この記事へのコメント