中学校の部活

中学に入り、部活は何をやろうかと考えた。
もともと運動は得意なほうではなかったけど、やっぱり何かやりたい。
そのころ身長はクラスで2番目に低かったのでバスケット、バレーは背が足りないし、
卓球は縮こまって、身長が伸びないといやだし、
などと考えた結果、軟式テニスをやることにした。

一番安いラケットを買って入部したけど、
コートは男女1面づつで、1年生が練習できるスペースはない。
普段はほとんど球拾いで、たまに素振りを教えてもらうぐらい。
3年生のキャプテンは結構厳しい人だったけど、
2年生は気さくな人が多かったし、1年生同士は仲が良く、
文句も言わずに練習に参加していた。

中体連の試合が終わり、3年生が引退すると、
2年生と一緒にボールを打てるようになった。
まぁ、それはそれは楽しい日々だった。

2年生になり、後輩を迎え、当たり前だけど先輩になった。
軟式テニスは基本ダブルスで、前衛と後衛に分かれていて、
どういった経緯か思い出せないけど、前衛になった。
夏になり、中体連の試合は個人戦に出させてもらった。
でも、初戦負け。まぁ、こんなもんかという感じ。

3年生が引退して、最上級生になったけど、
ボールを打つことが楽しいことは変わらない。
同級生もいい仲間であることは変わらず、充実した毎日だった。

そして3年生になり、迎えた中体連。
まずは区大会。団体戦は準優勝。
そして個人戦は準々決勝で5ゲームマッチの0-2から逆転してベスト4へ。
4ペア中、3ペアが同じ中学となり、準決勝は同士討ちに勝って決勝へ。
決勝の相手は大本命と目されていたペア。
2ゲーム取ったけど、結局負けて団体戦と同じ準優勝。

自分たちがどれくらいの強さなのか全然わかっていなかったけど、
望外の結果が出て、大満足。

市大会は団体戦は初戦負け。
でも個人戦は3位。
ボールを打つ楽しさは試合でも変わらず、まったく緊張せず、やはり望外の結果。

夏休みが終わって、講堂での全校集会で中体連の表彰があり、
3度も名前を呼ばれて表彰状をもらったのはいい思い出。

中学生の仲間とは今ではつきあいはないけど、
みんな元気にしてるかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック