運転免許更新に行ってきました

5年に1度の行事。
結構前から更新期間は誕生日の前後2ヶ月と長くなったので、
以前ほど焦る必要は無くなった。

免許取得以来、ずっと優良ドライバーだったのに、
前回はインターチェンジの入口で警察に止められ、
後部座席に座っていた人が、シートベルトをしていないということで
違反切符を切られ、一般ドライバーに降格。

今回は、ミスドの出口で右折禁止に気づかず、
潜んでいたパトカーに捕まり、またもや一般ドライバー。

優良だと近所の警察署で簡単に更新できるけど、
一般だと警察署では1日では免許をもらえないので、
運転免許センターに行かざるを得ない。

神奈川は相鉄線の二俣川駅にある。
駅から坂を上って、徒歩約10分。
行ってみると、道を挟んだ向かいに移動し、新しくなっていた。

手続きも新しくなっていて、こんな感じ。

1. 自動手続機に免許を入れ、2つの暗証番号を入力すると、
申請書と暗証番号を書いた紙が出力される

2. 申請書に名前と連絡先、生年月日を記入
うらの質問をチェックして、署名する

3. 収入印紙を購入 一般ドライバーは3300円

4. 視力検査を受ける

5. 申請書と免許を窓口に提示して、写真を撮るレーンを決めてもらう

6. 暗証番号を書いた紙についているバーコードを読み取らせ、写真を撮ってもらう
ここで申請書と古い免許証は回収され、講習会場を案内する紙をもらい、
写真を撮る場所から出たところで、講習会場の部屋番号を押してもらう

7. 指定された部屋で1時間の講習を受ける
オリエンテーションの後、ビデオ視聴、運転に関する自己診断、
道路交通法の改正のポイント、神奈川県の交通事故状況など

8. 受領証と引き換えに新しい免許証を受取る

9. 部屋を出て免許証のICチップに書かれている本籍を確認する

来るたびにシステム化が進み、
免許を受取るまでの時間が短くなるのがありがたい。
次回は絶対に優良ドライバーだ!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック