horikenな日常

アクセスカウンタ

zoom RSS 海堂 尊 「ゲバラ漂流」 読了

<<   作成日時 : 2018/10/15 12:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

海堂 尊 「ゲバラ漂流」 読了。
「ゲバラ覚醒」に続く、シリーズ2作目。

革命家を目指すゲバラは、故郷のアルゼンチンを出て、
ボリビアに入り、革命軍の一端を担う。
その後、ペルー、パナマ、コスタリカ、ニカラグア、グアテマラと
相棒とは思っていない相棒と付きつ離れつ、南米から中米を進み、
それぞれの国で訓練を受けたり、革命家と遭遇したりと物語は進む。
とにかく登場人物が多く、とても憶えきれない。
主人公の行状を追って行くのが精一杯。
前作では最後に友人を亡くし、今回は愛人(?)を亡くす。
何だか物悲しいラストなのは、海堂さんらしくない。
これも1950年代の中南米の様子が影を落としているのか。
あと2作続くらしく、心待ちにしよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
海堂 尊 「ゲバラ漂流」 読了 horikenな日常/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる