人形感謝祭に行ってきました

ある日のこと、10月14日に明治神宮に行くとカミさんが言い出した。
人形感謝祭という催しがあり、明治神宮のウェブサイトによると、
「人形の魂をお祓いして、感謝の気持ちをこめて納める(お別れする)お祭り」とのこと。

カミさんは我が家にあるぬいぐるみをこの感謝祭で納めたいらしい。
アメリカでもらったジンボという名のぬいぐるみ、へび、ピチュウ、
忘れたけど、ポケモンのキャラクターなどなど、2つを残して持っていくことになった。

明治神宮は相変わらず人が多く、外国人も多い。
森からはひんやりとした風が吹いている。
参道には「人形感謝祭」の幟が立っている。

手を清め、社殿に入ると左手に受付があった。
御祈祷料とともにぬいぐるみを渡す。
社殿の塀沿いに納められた人形がたくさん飾ってある。
受付でいただいた「ひとがた」に必要事項を記入、納めて終わり。
10年ほど一緒に暮らしたぬいぐるみ達に別れを告げた。

社務所で思い出の人形展をやっていたので、ちょっと覗いて、
新しくできたフォレストテラスでおみやげ品を検分、
最後は杜のテラスでアイスティーを飲んで帰宅。

カミさんはぬいぐるみを納めることを息子に話してなかったらしく、
家に帰って話すと、少しムッとしていたようだけど、
最後は納得した様子。でも、やっぱり僕も少し寂しい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック