米澤 穂信 「リカーシブル」読了

米澤 穂信 「リカーシブル」読了。
久々の読書。最近は帰りに飲み屋に行かなくなったので、
読書量が、グッと少なくなってしまった。

画像


父の連れ子の姉と母の連れ子の弟の兄弟。
父がいなくなり、母の故郷へ引越したところから物語はスタート。
町に伝承される話と、昔ここに住んでいたと言い出す弟。
その謎を最後は姉が解き明かす。
何だか、ちょっとドロドロしていて米澤さんらしいと言えばらしい。
姉が謎を解き明かす様は、古典部シリーズのホータロー、
ベルーフシリーズの太刀洗と通じるところもある。
何がリカーシブルなのかは読んでのお楽しみ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック