修善寺・沼津旅行

息子が中学を卒業した。
在学中は部活、それが終わったら受験と、
家族で中々出かける機会がなかった。

ようやく受験も終わり、卒業式も終了したので、
小学校卒業の時以来、3年ぶりの家族旅行。

・3月17日(土)

10時30分ごろに家を出発。
しかし、カーナビによると家から近い東名の川崎インターではなく、
横浜青葉インターから乗れとの指示。
息子に調べてもらうと、たしかに川崎から渋滞。
ナビの言う通りに進む。

途中の足柄サービスエリアで昼食を取り、修善寺へ。
20年以上ぶりで、以前はもっと時間がかかっていた気がするけど、
新東名もできて、混んでなければ2時間で着くらしい。

街の中心部に車を止めて、修禅寺へ。“ぜん”の字が街と寺で違う。

画像


源 頼家の墓、竹林の小道などを適当に散策し、宿へ。
選んだのはブリーズベイ修善寺ホテル。
リニューアルされたばかりらしい部屋は、広々。
風呂も3つあり、2つは夜に入った。
風呂上がりには、息子と温泉卓球。
ずいぶんうまくなっていて、勝ったり、負けたり。

晩御飯は豚しゃぶと、バイキング。飲み放題付き。
ごちそうさまでした。

・3月18日(日)

起床後、貸切露天風呂を息子と堪能。

朝食もバイキング。8時30分ごろに出発。
最初の目的地は大瀬崎。20年以上前に会社の友人と行って、
富士山が綺麗に見えたのを憶えている。
ちょっと道に迷ったけど、何とか到着。
ここは、スキューバをやる人が多いと言うのを初めて知った。

そんな人々を横目に、我々は引手力命神社へ。
そして、伊豆七不思議の1つの神池へ。
海まで15メートルしかないのに、淡水だという不思議な池で、
鯉がワラワラと泳いでいる。
海岸に出ると、少し雲がかかった富士山が綺麗に見えた。

画像


その後、息子の希望で沼津深海水族館へ。
到着すると、周りにはすごい人。
何とか車を止めて、まずはランチ。
美味しい魚を堪能して水族館へ。

小ぶりの水族館にも人がいっぱい。
でっかいタカアシガニ、冷凍のシーラカンス、
ダイオウグソクムシなど興味深々。

おみやげを買って帰路へ。
一泊二日だけど、楽しい家族旅行でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック