スマフォが壊れた話

実家に帰って3日目の大晦日。
スマフォが充電されないことに気づいた。
息子、カミさんの充電器でもダメ。
残り40%ぐらいのところで電源を切り、ドコモショップへ行くことにした。

カミさんと博多駅で昼飯を食べて、実家へ帰る彼女と別れた後、
1番近いドコモショップへ。
順番待ちの券を引くと、2番目にもかかわらず、
最大120分、少なくとも90分待ちとのこと。
断念して次の店へ。

幸い、博多駅周辺には数軒の店がある。
次の店では最大40分とのことだったので、待つことに。
スマフォを預けて、20分ほどで声がかかった。
店にある充電器や、スタンドでも試してくれたらしいけど、
ダメなので、故障だろうとのこと。

オプションはかかる金額が少ない順に、
修理→同じ機種に交換→機種変更。
動くスマフォを手にできるまでの時間は、もちろんこの反対。
修理には5日~10日かかるとのことで、
帰省中には無理かと思っていたけど、家の近くの店で受け取れるらしい。
では、ということで修理をお願い。

メールや電話帳のデータをセーブ、お財布ケータイのデータもセーブして、
代替機を貸してもらい、そこにリストア。

修理から返ってくるときにはスマフォはリセットされているので、
また同じようにデータのセーブ、リストアが必要で、
めんどうだけど、しょうがない。

2年しばりがそろそろ解けるので、格安に乗り換えようなどと考えていたので、
バチが当たったのかも。
でも、解約金がかからない期間中に乗り換える予定。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック