帰省2017-18年末年始

今年も、うち、カミさんの実家に家族で帰省。
10月に父が亡くなったので、少し寂しい年末年始となった。

・12月29日(金)

武蔵小杉からリムジンバスで羽田。
いつもの2時発のフライトなので、お弁当を買ってラウンジへ。
今回は焼肉とチキン南蛮弁当。

画像


福岡空港からJR最寄駅の福工大前へ。そこから実家まではタクシー。
妹家族は姪が入試のため、来れないということで、
福岡に単身赴任している義弟が来てくれた。
いつもの寿司屋の出前をつまみつつ晩酌。
父がいないと、やはり勝手が違う。義弟は帰ったので、
今晩はうちの家族と母のみ。

・12月30日(土)

午前中テレビを見ていたら「福岡人志」という番組をやっていた。
そこで出てきた「牧のうどん」がとても気になる。
その後、母と4人で父の菩提寺へ。
本堂でお参りして、真新しい納骨堂へ。
母が父のためにお酒を準備していた。
ぼくは何も気づかず、手ぶらだったのを反省。

お昼ご飯は念願の「牧のうどん」へ。福岡では珍しく、釜揚げうどんの店。
結構混んでいて、10分ほど待つ。

画像


肉うどんはモチモチ、つゆもおいしく、大満足。

晩御飯は電車で10分ほどのところにある、昔父と行った焼鳥屋へ。
しかし、お休み。もう1軒見つけた焼鳥屋は予約がないと入れないという。
その後、焼肉屋、数軒の居酒屋も満席。いったいどうなっているんだ。
結局、駅近くのうどん居酒屋に落ち着き、1時間ほど飲食。

・12月31日(日)

午前中、再び「福岡人志」をやっていた。
2日間で過去放送された4本を再放送しているらしい。
「天婦羅 ひらお」が気になる。

一足早く実家に帰るカミさんを送りに博多駅へ。
ラーメン屋は混んでいたので、隣の隣にある店で焼うどんを食べた。

画像


その後、充電できなくなったスマフォを持って、ドコモショップへ。
結局修理してもらうことになり、代替機に交換。

カミさんもいなくなったので、夜は息子と母と3人。
静かにテレビを見て、静かにそばを食べて年越し。

・1月1日(月)

朝から熱燗を飲み、雑煮を食べる。

昼寝から起きて、3人で散歩がてら初詣に出かける。

夜は静かにテレビを見る。

・1月2日(火)

4時から高校同窓会なので、朝からダラダラ。
箱根駅伝と大学ラグビーを見るとお出かけの時間。

ここ数年、高校同窓会は僕にとっての恒例行事となった。
今年も卒業以来の懐かしい顔に会うことができ、満足。

・1月3日(水)

息子とカミさんの実家に移動の日。
その前に、「天婦羅 ひらお」へ。
しかし、11時前に到着した時には、すでに50人以上の行列。
断念して博多駅へ向かい、無念のラーメンを食す。

諫早に着くと、義妹とカミさんが迎えに来てくれていて、
そのまま義父と義母が入っている施設へ。
2人にとっては息子の顔が一番の薬。
今年はみんなでケーキを食べた。

晩御飯は義妹が予約してくれた「古都」という日本料理屋へ。
もう40年以上やっている老舗らしい。
頼んだ料理はどれもおいしく、大満足。

・1月4日(木)

帰京の日。いつものように義妹が空港まで送ってくれた。
昼食をとる時間がなかったので、弁当を持って乗り込む。
角煮べんとうと、大村寿司は、それぞれ格別の味。

今年は静かなスタート。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック