高校同期飲み @新橋 長政

高校の同級生が名古屋からやって来たので飲むことに。
大学時代同じ寮にいた4人でたまに飲んでいたけど、
1人は去年亡くなり、1人は大分に転勤になってしまったので、今回は2人。

新橋駅の蒸気機関車のところで待ち合わせにしたんだけど、
広場では福島の酒祭りのようなものをやっていて、物凄い混雑。
何とか落ち合い、路地の森へ。

1軒目の焼鳥屋は満員だったけど、
路地を曲がったところで博多焼鳥の店を発見し、入店。
というか、路地に出されたキャンプ用のテーブルに座る。

まずはビールで乾杯。
お約束のキャベツのお通しが来た。名物は鶏皮。
お店の人が何本でも食べられますよ、というので、5本セットを注文。

画像


鶏皮を細く切って丸めて串に刺し、
それをタレにつけておいたものを、焼くという手間のかかった一品。
これは美味い。

博多には知る人ぞ知る戦国焼鳥というジャンルがあり、
そこでは太鼓が鳴らされ、お通しはキャベツ。
焼鳥といいながら、豚バラが一押しだったりする。
そして、店名は家康、信長、秀吉など。
でも、その戦国焼鳥にはこの鶏皮はない。
実家から電車で2駅ほど行ったところに、父が好きな焼鳥屋があり、
そこの鶏皮が、こんな感じ。

それと、これも名物という酢モツ。

画像


友人とも話したが、やはり博多では食べたことがない。

他に、ハツ、レバー、豚バラ、ウズラの卵、椎茸肉詰めなどを美味しくいただく。

いつもなら、もう1軒というところだけど、
友人は最近、出張先での早朝ランニングにハマっているらしく、
「横浜で走る。」と言い残して、イソイソと帰って行ったのであった。

博多とりかわ 長政 新橋店焼き鳥 / 新橋駅内幸町駅汐留駅

夜総合点★★★★ 4.0


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック