森見 登美彦 「四畳半王国見聞録」読了

森見 登美彦 「四畳半王国見聞録」読了。

例によって、京都の阿呆な学生を描いた7つの短編集。

これまでに読んだ作品に出て来た人物も多々出てくるけど、
ボロボロのアパートの屋上に奉られた阿呆神が各短編での共通項か。
それぞれの短編は面白いことは面白いけど、
別々に発表されたせいか、全体としてのまとまりは今ひとつに感じる。
本作を読み終え、森見さんの小説は「郵便少年」を残すのみとなった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック