スーパーラグビー サンウルブズ対ブルーズ

スーパーラグビー サンウルブズの今シーズン最終戦に行ってきました。
サンウルブズはここまで1勝13敗。去年は1勝1分13敗だったので、
今日勝てば何とか去年よりもいい成績を残せる。
相手のブルーズはニュージーランドカンファレンスで最下位。
と言っても、7勝1分6敗と勝ち越していて、
オーストラリアカンファレンスの1位よりも勝点は上。
やさしくない相手だけど、何とか頑張って欲しい。

キックオフは12時5分といつもより早い。
そのせいか、いつも一緒の友人は遅刻した。
今回はもう1人、初観戦の友人も一緒。

画像


キックオフ後、 ゴール前に攻め込まれアッサリ先制を許す。
その後、もう1本取られて14対0とリードされた。
しかし、ラファエレが1本返して14対7。
さあ、これからというところで、田村からのパスをインターセプトされて、21対7。
これまでだと、ここからズルズルと離されて大敗というのがパターンだけど、
今日は粘り強く戦って、前半終了間際に内田のトライで21対14で折り返し。

スクラム、ラインアウトはしっかり、
守りも前で止めて、機能しているので後半に期待。

後半先手を取ったのはサンウルブズ。
変わったばかりの山中がトライして、これで21対19。
ブルーズのカイノが危険なタックルでイエローとなり、
数的優位になった直後のラインアウト。
しっかりモールを組んで、最後は12人で押し込む。
ブルーズは耐えきれず、コラプシングとなり、認定トライ。
26対21と逆転。
あまりの暑さに相手の足が止まってきたこともあり、
サンウルブズの勢いは止まらない。
内田に代わって入った茂野がパスダミーからゴールに飛び込む。
相手が落としたボールを茂野が足に引っ掛け、ゴールに迫り、
フォローしていたラファエレにパスしてトライ。
ゴール前に攻め込んだ後、相手がキックで逃げようとしたところを、
ラファエレがチャージして、ハットトリック達成。
最後はハイパントを徳永がうまく掴んで、そのままゴールに飛び込んだ。
サンウルブズは後半だけで6トライ、合計8トライ。
そして相手を0点に封じた。

今日は最後まで自分たちのラグビーを貫き、48対21で快勝。
終了後、球場を出るときにスタッフの人たちと歓喜のハイタッチ。
その後のビールがうまかったことは言うまでもない。

来年も見に行くぞ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック