森見 登美彦 「恋文の技術」読了

森見 登美彦 「恋文の技術」読了。

画像


京都から能登の研究所に飛ばされた大学院生が、
同級生、研究室の意地悪な女子の先輩、以前、家庭教師をしていた小学生、
妹、そして森見 登美彦に手紙を書きまくり、
憧れへの女性への恋文を書く技術を磨くというへんてこな物語。
女性への失敗書簡集もあり、最後は、関係者を大文字山に集めるために、
差出人詐称の手紙を書き、ついに女性への恋文が完成。
手紙だけで物語を紡ぐとは、さすがモリミー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック