宮部 みゆき 「希望荘」読了

宮部 みゆき 「希望荘」読了。
杉村 三郎シリーズの4作目。

主人公の杉村 三郎は、3作目で離婚。
それまでの探偵ライクな行動から、本物の探偵になった。
4編の物語の1編はそのきっかけとなるもの。
タイトル作の「希望荘」が1番面白かった。
本物の探偵になるまでは、事件が向こうから近づいていたけど、
探偵になり、依頼を受けることで事件に関係できるようになった。
事件の解決につながる感の鋭さは健在。
宮部さんが最初からこうなることを考えて物語を書いていたとしたら脱帽する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック