米澤 穂信 「ふたりの距離の概算」読了

米澤 穂信 「ふたりの距離の概算」読了。
古典部シリーズの5作目。

主人公たちは2年生になり、古典部にも新入生がやってくるが、
仮入部のままやめてしまう。
部長である女子と諍いがあったようだが、理由は謎のまま。
それを主人公が校内マラソン大会で20キロ走る間に解き明かす。
でも、謎は解かれたけど、問題は解決しない。
高校生らしいゆるい雰囲気はそのままで、
今回は主人公以外の3人の出番が少なかったような気がする。
5作中2番目に面白かった。ちなみに1番は4作目かな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック