米澤 穂信 「愚者のエンドロール」読了

米澤 穂信 「愚者のエンドロール」読了。
「氷菓」に続く古典部シリーズの2作目。

登場人物は前作と同じ、主人公を含む高校古典部の4人。
今回は作成途中で脚本役が倒れたため撮影が中断された
2年生のクラスのミステリービデオの続きを推理するという内容。
主人公は誤った推理をするが、そのまま受け入れられ、
ビデオは完成。しかし、改めて真実を突き止める。
前作同様、姉が関与しているらしいが、
結末を含め、何だかスッキリしない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック