スーパーラグビー開幕戦 サンウルブズ対ハリケーンズ

昨年からスーパーラグビーに参加した日本チーム サンウルブズの開幕戦を2年連続で観戦。
昨シーズンは、1勝1分13敗と厳しさを味わったサンウルブズ。
今年はオーストラリアのチームに代わり、上位を占めたニュージーランド勢も相手になるので、
より厳しいシーズンになると予想されるが、
日本代表がほぼそろい、どこまで戦えるか楽しみ。

開幕戦の相手はニュージーランドのハリケーンズ。作シーズンのチャンピオンチーム。
オールブラックス代表を多く抱える強豪で、フッカーのコールズ、
スタンドオフのバレットは控えだけど、サヴェア兄弟は先発。強さは変わらない。

サンウルブズは稲垣、田中、立川、田村兄といった、
日本代表で経験豊富な選手がケガで出場できないのは不安。
フロントローとハーフ団、両ウィング以外は外国人という布陣。
でも、ほどんどの外国人選手が2019年に日本で開催されるワールドカップに
日本代表として出場できる資格があるらしい。
両ウィングの福岡、中ヅルの福岡出身コンビに期待。

今シーズンからマスコットとチアリーダーができたということで、
まずはそのお披露目。

画像


その後に選手入場。

画像


そして、キックオフ。

開始2分、いきなりボールをつながれ、あっさりトライ。
その後も自由に攻められ、あっと言う間に31対0。
セットプレーは悪くないけど、ボールを持たれるとドンドン前に出られる。
組織的な防御も機能していない。
サンウルブズ前半唯一のトライは福岡がゴール前にせまり、ライン際で返したボールを
フィルヨーンがうまく拾い上げてトライ。
前半終了し45対5と大差がついた。

後半も簡単に点を取られる。
インターセプト後の80メートル独走トライなどもあり、
後半20分で83対5。後半だけで38点取られていて、
このままだと100点を超えるのではという勢い。
しかし、サンウルブズはここから踏ん張った。
前に出る防御が機能しだし、攻撃もつながるようになった。
金、ブリッツがトライをあげて、最後の20分だけなら12対0。
最終結果は83対17と大差をつけられた。

相手が強かったとはいえ、残念な結果。
でも、まだ始まったばかり。今後に期待。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック