宮部 みゆき 「名もなき毒」読了

宮部 みゆき 「名もなき毒」読了
「誰か Somebody」に続く、杉村 三郎シリーズの2作目。

前作よりもずっと長くなっている。
主人公を取り巻く環境は、
編集部のアルバイトが変わった以外はそれほど変わっていないが、
それが今回の物語の中心の1つ。
人が死んだ事件に、また関わるけど、
それは非日常的なことで、
直感が事件をときほぐすことになるのは、前作と同じ。
ミステリーと言うよりは、
登場人物のモヤモヤ感を描いた作品か。
読んでいて、結構面白く感じるんだけど、
何だかスッキリしない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック