米澤 穂信 「氷菓」読了

米澤 穂信 「氷菓」読了。
米澤さんのデビュー作にして、古典部シリーズの第1作。

高校に入学した主人公は姉からの手紙での指示で古典部に入る。
古典部には在校生の部員が居なかったが、
それが男子2名と女子2名の4人となり、部活を進める。
身の回りに起きる小さな謎を主人公が解き明かすところは、
以前読んだ「さよなら妖精」と同じ。
最後の少し大きな謎を解き明かす道のりは何だかまどろっこしい。
古典部シリーズの最新作の「いまさら翼と言われても」は、
図書館で予約済みで、ここからどんな風に進化するのか、
とっても楽しみ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック