森見 登美彦 「命短し歩けよ乙女」読了

森見 登美彦 「命短し歩けよ乙女」読了。

画像


天然で、酒を愛していて、おともだちパンチと
二足歩行ロボットのステップが得意な黒髪の乙女と、
彼女に恋する、その後ろ姿に関する世界的権威で、
彼女と奇遇に会うことを得意とする先輩。
最後は2人とも「世界ボーッとする選手権」の日本代表となり、
初めてのデートを迎える。

とにかく彼女が可愛い。
ところで、先輩はデビュー作の「太陽の塔」の主人公で、
黒髪の乙女は主人公を振ってしまう彼女なのだろうか。
そうだとすると、とても切ないなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック