同級生のこと

初めて会ったのは、高校の前の電停。
彼はラグビー部に入っていた。

その後、部活はやめたらしく、あまり会わなかったけど、
3年になって、同じクラスになった。

大学は一浪したけど、志望校に合格し、
1年遅れて、僕と同じ寮に入ってきた。

彼の部屋に入り浸り、コーヒーを飲みながら、
「Reflections」と「A Long Vacation」を聴きまくった。

後に奥さんとなる人とデートした話を聞き、
羨望し、嫉妬した。

寮は1年で出てしまったけど、
その後も、少なくとも年に1度は飲んでいたと思う。

僕が転勤中は会えなかったけど、
戻ってきて、付き合いは再開した。

そして、3年前に高校3年のクラスのプチ同窓会が始まり、
彼も毎回来ていた。

でも、去年は2回とも体調不良ということで、
顔を見ることはできなかった、

今年も案内は出していたけど、返事も来ず、心配していたら、
その10日後に奥様から連絡があり、病院にお見舞いに行った。

病室のベッドに横たわった彼は、
とても小さくなっていた。

そして、その2日後に帰らぬ人となった。
戒名は「技工簡明居士」。最後まで、現役のエンジニアだった。

合掌。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック