帰省 2015-16年末年始

恒例の年末年始帰省。

・12月29日(火)

武蔵小杉までタクシーで行き、いつものリムジンバスに乗車。
福岡行のフライトもいつもの時間。
昼食は浅草ヨシカミのカツサンド。パンをトーストしてあるタイプ。
それとお決まりの生ビール。
飛行機に乗る前のラウンジでのまったりとした時間は至福の時だ。

画像


父がけがをして、リハビリ病院に入院中ということで、
実家までは自力で移動。
母、かみさん、息子と4人で静かな夕食は出前の寿司。
おいしゅうございました。

・12月30日(木)

一足先に実家へ行く、かみさんを見送りに息子と一緒に博多駅へ。
昼食はラーメンにしようとめん街道に行ったら、いずれも長蛇の列。
行列のなかった能古うどん。これはこれでうまい。

画像


昼食後、息子と散歩。博多の古刹 聖福寺へ。
ブラタモリで紹介された、古い町割りと太閤町割りの境目を確認。

画像


バスに乗って筥崎八幡宮へ。
僕にとっては、放生会を始め、何度も行ったお社。
息子は初めて。敵国降伏の扁額は健在。

画像


夕食は昨日より1人減って3人。年末年始としては珍しい。

・12月31日(木)

午前中に父を病院に迎えに行った。年末年始の一時帰宅。
杖をついて歩く父の姿は、ちょっと痛々しい。

お昼ごろに、妹一家が到着。でも長男は大学受験を控え留守番。
なので、いつもの年だと9人集合するのに、今年は7人。
息子はいとこの到着を心待ちにしていたはずだけど、
今回はあまりはしゃがない。息子は中1、いとこの女子は高1。
何となく、照れもあるんだろうな。

夕食は毎年デリバリを頼む中華レストランに行った。
コースを頼み、単品もいくつか。やはり出来立てはうまい。

家に帰ったら、いつの間にか寝ていた。
11時前に年越しそばを食べて、いつもより早くお開きに。

・1月1日(金)

あけましておめでとうございます。
日本酒の冷やで新年を祝す。
今年は珍しく、供されたかずのこと黒豆を全部食べた。

昼寝をしたあと、息子と初詣へ。
徒歩20分ほどの綿津見神社。
夏にはここの境内を横切って海に行くんだけど、
立派な参道があることを発見。

画像


お参りの後、海にも降りてみた。今年は暖かい。

・1月2日(土)

息子とかみさんの実家に移動。
昼食は博多めん街道の一幸舎。開店直後にもかかわらず行列。
20分ほどの待ちで食べることができた。
味玉ラーメン850円は高い。地元の人は行かないだろう。

画像


かもめに揺られ、諫早へ。
駅にはかみさんと義妹が迎えに来てくれた。
そのまま、義父と義母が入っている施設へ。
新年のあいさつをして、1時間ほどで退去。

夕食はおせち。

・1月3日(日)

早くも帰京の日。
義妹が車で空港まで送ってくれた。
途中での昼食は大村すし。お目当ての店「ぎおん」は終わっていたけど、
もう1軒の「やまと」に入れて難を逃れた。
大村すしはふわふわの錦糸卵がのった、おいしい押しずしでした。

今年は日程の都合で1月2日の高校同窓会には行けなかった。
もっとゆっくりしたかったなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック