太田 和彦 「宇和島の鯛めしは生卵入りだった」読了

太田 和彦 「宇和島の鯛めしは生卵入りだった」読了。
サンデー毎日の連載をまとめた本。

画像


連載のタイトルは「ニッポンぶらり旅」。
文字通り、太田さんが日本全国を旅して、
例によって、酒を飲みまくる。

今回は、宇和島、大分、会津、喜多方、静岡、
倉敷、盛岡、高知、富山、金沢、京都、尾道、高松。
すべて行ったことあるけど、飲んだことがあるのは、
宇和島、会津、倉敷、盛岡、高知、富山、尾道、高松。
う~ん、結構飲んでるなぁ。

ところで、タイトルと言い、
文章の中に「ワシワシと食べた」といった表現が出てきて、
椎名誠化しているのが気になる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 太田 和彦 「故郷の川と城と入道雲」読了

    Excerpt: 太田 和彦 「故郷の川と城と入道雲」読了。 サンデー毎日に連載されていた、「ニッポンぶらり旅」をまとめた本。 先日読んだ、「宇和島の鯛めしは生卵入りだった」に続く2作目。 Weblog: horikenな日常 racked: 2015-06-05 06:04