万城目 学 「悟浄出立」読了

万城目 学 「悟浄出立」読了。
新潮社の雑誌「yomyom」に掲載された短編をまとめた本。

画像


出版元の新潮社によると、
「中国の古典に現れる脇役たちに焦点を当て、
人生の見方まで変えてしまう連作集。」ということらしい。

5編の短編の主人公はもともと脇役なんだけど、
本当の主役はこのとおり。

・悟浄出立 孫悟空
・趙雲西航 張飛、諸葛孔明
・虞姫寂静 項羽、虞美人
・法家狐憤 荊軻
・父司馬遷 司馬遷

中国の古典はほとんど読んでいないので、
物語の背景がよくわからないところはあるけど、
本来脇役である人の悲哀、感慨が伝わってくる。
これまでの万城目ワールドとは全く違う、静かな静かな作品群。

この記事へのコメント

藍色
2018年10月08日 15:10
端正かつ冷静な筆致で引き込まれました。
それぞれの短編が、今まで読んだことがないみたいな内容で興味深かったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

この記事へのトラックバック

  • 「悟浄出立」万城目学

    Excerpt: 俺はもう、誰かの脇役ではない。深化したマキメワールド、開幕! 砂漠の中、悟浄は隊列の一番後ろを歩いていた。どうして俺はいつも、他の奴らの活躍を横目で見ているだけなんだ? でもある出来事をきっかけに、彼.. Weblog: 粋な提案 racked: 2018-10-08 14:58